サラリーマンとしてひたむきに働き、社会人2年目以降は昇給もあって、ボーナスも満額支給される。
あと3年働いたら500万、6~7年働いたら1,000万円は貯められるって簡単に想像できました。
将来、結婚や一人暮らしなどのライフイベントを考慮して、貯蓄ペースが半減しても、10年程度で1,000万円は到達できると見込んでいました。
実際はもっと早くに1,000万円に到達。
ライフイベントに関しては…^^;^^;。
そこらは置いといて、この当時普通に働いてるだけで、1,000万円までは貯められることがイメージできていました。
この頃はまだ、1,000万円を貯めることが目標で、株式投資などの資産運用は考えたことも無かったです。
労働意欲は低かったけども、お金を貯めるためには働くしか手段がないと思い込んでいました。
しかしまぁ、こっちは1,000万貯めるように頑張ろうってなっているところに、どこでも周りから水をさすヤカラって居るんやなと、実感したのもこの当時です。

「若いうちはお金を使え」「もっと遊ばないと」上司は口にします。

今でこそ思います、若いうちからお金の流れを学び自己資産を増やすことがいかに大事か。

現在、私が行っている投資を当時から行っていれば1000万円貯めるのも今より苦労しなかったなぁと思います。
若いうちから資産形成することは大事に思うからこそ、皆さんに耳よりの情報をお伝えします。

私が行っているのは、FXにて行うスワップトレードです。
毎月安定したスワップ金利(月利15%)を得ることができ、2万円から運用できるので初心者の方にもおすすめです。

また、運用額を増やすことでより多くの金利を得ることができる金額も増えるので運用資産が多い人にも有効です。
手法も簡単なので是非お試しください。