わたしが考える経済的自由人とは、好きな時間に好きな人と好きな場所で働いく。

そのほかに定期的な副収入を持っていたり、金融資産からの収入もある人。

また、自分が働かなくても永続的にお金を生み出す収入源やビジネスを持っている人などと考えています。

お金はいったいいくらあれば不安はなくなるのでしょう。

わたしが考える答えは、答えはないということです。

お金の定義、貧乏、お金持ちの概念は相対的なものです。

都会の物価の高いところに住んでいたり働いていれば、収入も支出もあがります。

どうしても人は環境の影響をうけがちです。

お金持ちになりたかったら、お金持ちがすんでいたり働いたりしている職場を選びましょう。

または、お金持ちのいる集まりにいってみてください。

積極的に人とつながることが大切です。

ここからは僕が運用している不労所得の仕組みについてご紹介しようと思います。

僕が行っているのはFXで行う「さんすくみ」というスワップトレード手法による資産運用です。

さんすくみは誰でも簡単に運用することができ、月利15%の収益を獲得することができます。

FX口座の開設も簡単なので是非活用してみてください。